小説「フィルター」③

 何一つ生み出さない時間が流れていく中、変化したことといえば、少女との距離が縮まり、彼女の口数が増えたことくらいであった。強いて付け加えるならば、クロは少し大きくなったような気がした。

 

 慣れとは恐ろしいもので、平和な病院生活には嫌気がさしてきた。怠惰であり続けることは僕には向いていなかったらしい。そんな中、彼女がもうすぐ退院をすることがわかった。変化のない病院内に訪れた変化をきっかけに、僕は完治したふりをして彼女と同時期に退院することを画策し始めた。

 

 シミュレーションをしてみると、それは案外簡単だった。他人と話をする際には、相手だけに意識を向けていればいいだけであり、ゲームやテレビを見るときも集中していれば、黒い生き物と関わることはなかった。見え始めた頃は、「見えていないふり」をすることを意識していた。しかし、やっていたことは特殊なことではなく、黒い生き物が見えていないときと同じことであった。まあ、会話や作業をしているときに限りではあるが。

 

 他人がいるときには、不自然な視線をなくすことと、独り言に気を付けることが必要となったが、これは大して難しくなかった。構ってもらえない不満そうなクロを横目に僕は実践を重ねていった。

 

 僕の病院での生活は呆気なく終わった。これほどまでに入退院が個人の思う通りになるのであれば、病院というのは使いようによっては便利な施設かもしれない。もちろん多少の出費に目をつぶればではあるが。

 

 小さな彼女とは、その後も二人で一つのような関係を続けるつもりはなかったが、非常に稀な症例の人間と出会った縁ということで、連絡先だけは教えてもらっておいた。

 

 再び投げ出された日常は前とは変わらないものであったが、絶え間ない変化があり、心は踊った。しばらくは戻ってきた生活、空間、情報、ある意味での不自由さなどを楽しむことにした。

 

 2か月ほど経った頃だろうか。ふと、自分の症状を調べてみようと思った。医者でさえ治せなかったこの症状の仕組みというか原因というかが、とても知りたくなった。インターネットで調べてみると、僕と同じような症例がたくさん並んでいたが、どれも多少自分と違っており、継続的に統一性のあるものが見え続けるというようなものはなかった。不思議な経験が一瞬で解明できるとは期待していなかったので、何か手掛かりが見つかればいいなという心構えだった。

 

 その後も、気が向いた時にはパソコンに向かい、お気に入りの曲を聴きながらだらだらと検索ワードを変えて、自分の見えているものや、クロのことを調べていたが何も収穫がない日が続いた。

 

 僕が調査を始めて、4か月ほど経った頃だった。幻覚症状が見られる精神病について調べつくし、それまでにたくさんの症例を見てきた。同じような症例が出てくることが邪魔くさくてたまらなかったので、検索する際に病気に関する結果を除外した。

 

 すると、とある集団のページがヒットした。そのページは、公立の小学校のホームページのような簡易なつくりで、明るい印象がつくように工夫しているように見えた。そこには、僕と同じ黒い生き物が見えるようになった人が集まっているようだった。治療を目的とせず、情報の共有や、同じ境遇の人との関係作りを行っている様子が紹介されていた。

 

 多少の怪しさは感じながらも、僕はそこへ行ってみることにした。一人で行くのは多少不安だったので、病院にいた少女も誘うことにした。彼女に事のあらましを話したが、彼女は最初抵抗を示した。しかし、見知らぬ場所へひとり向かう勇気もなかった僕は、半ば強引に約束を取り付け、彼女に渋々ではあるが了承してもらった。

 

(宣伝)

「すてら - 花束を君に」「すてら - オノマトペテン師」を投稿しました。よかったらご視聴ください。


すてら - 花束を君に


すてら - オノマトペテン師

小説「フィルター」②

 幾日もが過ぎ去り、病院に週1回の頻度で通うのが日常となってきた。実をいうと僕はこの症状には大して固執していなかった。人生にとっての大きな害にもならない上に、慣れればそこまで不都合を感じない。ただ、母は心配していたようで、「早く治るといい」と繰り返し言っていた。面倒なので治ったふりをして通院を辞めようかと考え始めたころだった。症状の改善が見られない僕に医師は大きな病院での精密検査と入院を勧めた。

 

 いわれるがまま病院を移動し、入院を始めたが、この経験はとても面白いものだった。病院から出る機会が少ないため、退屈だと思われるかもしれないが、テレビを寝転がってぼーっと見ておく方が学校の上辺だけのコミュニケーションに努力を費やすこともなく楽に過ごせるし、日替わりで変な生き物も病室に訪れる。見舞が毎日来ることがなくとも飽きずに過ごすことができた。

 

 そして、実をいうと、最初に僕になついた狸もどきはあれからずっと僕の近くについてきていた。黒い生き物と呼ぶのも違和感があるので、便宜上「クロ」と呼ぶようにしている。名前の付け方が安易かもしれないが、こういうものはファーストインプレッションが重要だと思う。クロは僕といっしょにテレビを見たり、椅子の上で丸くなっていたり、時には他の患者をからかうように後ろにピッタリとついていく様子を僕に見せつけた。頭の良いクロの活動は僕の病院生活をとても華やかにした。

 

 クロは鳴くことはなかったが、表情は豊かだったし、他の黒い生き物と遊んでいることもあった。なんとなく、この生き物たちにもコミュニティや考えがあることがわかってきた。それは、病院に出入りする他の患者や見舞客たち、いわゆる人間とそれほど変わらないように思えた。

 

 この変な生き物に対する発見は、僕の人間への興味をも加速させた。黒い生き物がそれぞれ無秩序な形態や動きであるように、人間もたくさんの種類がいることを病院という環境の中で実感した。クロの仲間の観察同様に、人間の観察も面白いものだった。

 

 ある日、病室のカーテンから一人の少女が覗き込んでいた。彼女は決してテレビに出てくるような恵まれた人間のような見た目ではなかったが、直ぐに他人を取り込んでしまうような魅力があるように感じた。彼女は僕が気付いたことを確認すると同時に嬉しそうな表情をした。そして準備していたであろう言葉を放った。

 

「お兄ちゃんが話してるものと私も話してみたい。」

 

 唐突な言葉に不意を突かれ、反射的に言葉を返してしまった。

 

「見えるの?」

 

「うん、見える。」

 

 その日から僕は彼女と過ごすことが次第に増えた。彼女は無口で自分から話すことはほとんどなかったが、僕がクロのことや毎日見ているもののことを話すのを一生懸命に聞いてくれ、頷き、稀に「自分も見える」と同意した。会話において彼女はとても受動的であった。そこに多少不満を感じていたものの、年齢の差と生まれつきの性格であろう原因に端から諦めはついていた。それよりも、隠し事をする必要がない話し相手に初めてであったことへの喜びの方が大きく上回っていた。

 

 彼女は段々と僕にピッタリとついてくるようになった。きっと彼女も秘密の共有ができる相手が見つかったことをうれしく思っているのだろうと思った。病院生活が長かったのか、彼女の母親も「お兄ちゃんができてよかった」と大層喜んでいる様子だった。

 

 彼女は僕の話を毎日楽しみにしている様子だった。僕は見たものをそのまま彼女に伝えることしかしていなかったが、彼女はワクワクして聞いている様子だった。そのお礼だろうか、たまに折り紙や絵をくれることもあった。

 

(宣伝)

「すてら - すーぱーぬこになれんかった」を投稿しました。よかったらご視聴ください。


すてら - すーぱーぬこになれんかった

小説「フィルター」①

 人間が能力を身に付けるということは、何かを忘却することに等しいらしい。例えば、赤ん坊は世界中の言語の音を聞き分けられるそうだ。だが、母国語しか話されない環境の中に居続けることで、母国語で使用される音以外は忘却されてしまう。これが、1つの言語に人間が特化する流れである。恐らく僕がここまで生きてきた中でも、多くを身に付けると同時に多くを無くしてきたのだろう。

 

 その日、僕は特に悪いことはしていなかったように思う。強いて言うのならば、古文の授業中に頬杖をつきながら雲の流れを観察していたことが祟ったのだろうか。帰り道、気が付いた時にはトラックに轢かれていた。その時の状況や、どんな人が駆けつけてくれたか、そんなことは意識の外にあった。ただ、命への執着と激しい痛みから逃れたいという思いがせめぎ合い、生への諦めが見えかけた時に思考が途切れた。

 病院で目を醒ますと、変わらない世界の中に、何ともへんてこな生物がいくつも加えられていた。丸やトゲなど、形も様々、よく動くものから元の場所にいつでもいるものまで、てんでバラバラ。統一感のなさに当初は飛蚊症のようなものであると高を括っていた。しかし、それが何日、何か月、とうとう怪我が完治するまで見え続けていたのだから生活に支障が出ないわけがない。そこまで重要ではないことから挙げていくと、事故前と比較して周囲の人から「ぼうっとしている。」と指摘されることが多くなったように思う。他人に見えないものが時々気になってしまうのだから、それはしょうがないと思っていたし、僕は周囲の人間に気付かれないようにどうにか誤魔化せていると思っていた。次に、最初は不規則に見えていた変な生物たちの動きが何か意味のあるような、こちらに何かを語りかけているような気がしてきたことである。だがそれは曖昧な直観のようなもので、野良猫にこちらをじっと見られているような感覚に似ていた。無意味な仮定や予測をぐるぐると考えれば考えるほど、僕の中での彼らの存在は大きくなっていった。

 一番大変だったのは、最初の戸惑いの時期ではなく、生活に馴染んできたころだった。彼らが僕の「当たり前」という意識に入り込んできていたことに一番困難を感じた。周囲の人間は何が見えていて、何が見えていないのかの境界が分からなくなり、日常会話でミスを犯すことが多少なりともあった。回数もそこまで多くなかったので、自分の勘違いということで処理をしていたが、会話の頻度が多い仲の良い友達や家族を誤魔化すことには次第に限界を感じていった。

 

 段々と隠せていないという自覚が強まっていた時に、事件は起こった。その日は青空に雲がたくさん出ていたような空模様だった。黒い狸のような動物が厭に懐いてきたのである。僕は根っからの動物好きということもあり、晩御飯の残りを持っていってまでその生き物の興味を引こうとしていた。その様子を母が見て僕に聞いた。

 

「そこに何がいるの?」

 

 僕は、自分の誕生日を言うかのように、そこに猫ほどの大きさの黒い生き物がいることを説明した。その瞬間母の表情は強張り、まるで僕が悪いことをした時のように一生懸命に何が「見えて」いるのかを聞いてきた。これまでの僕の多少の会話のミスから一抹の不安は覚えていたのだろう。この出来事がそれを確信に変えてしまったようだった。

 

 そこから僕が病院へと連れていかれるのには時間がかからなかった。医者の先生は「事故の影響で脳に何らかの障害が起きているのだろう」という抽象的な説明を偉そうにしていたが、きっと何もわかっていないだろうなとなんとなくだが感じた。いくつか脳内物質のようなものを増やすのだか減らすのだかという薬を自宅で試していたが、状況は特に変わらなかった。

 

 

(宣伝)

「すてら - かまってちょーだい」を投稿しました。よかったらご視聴ください。


すてら - かまってちょーだい

 

おしごと

今週のお題「2018年上半期」

こんにちは、すてらです。

 

2018年も早いものでもう半分終わってしまいましたね。皆さんは2018年上半期いかがだったでしょうか。

 

俺は今年の4月から社会人として働き始めたので、あまり半分終わったという感覚がありません。学生の時に住んでいた場所から約1000㎞以上の引っ越しをし、小学生のごとく規則正しい生活リズムになったのが4月なので、仕事に慣れてきたなあという思いの方が強いです。

 

皆さんが仕事に求める条件って何でしょうか。お金?時間?はたまた人間関係の居心地の良さみたいなものでしょうか。

 

こういうことをまだ働いたことのない学生の時から(愚かにも)考えを巡らせるのがすきだったのですが、やはり仕事で一番重視するべきなのはやっていて楽しいことを仕事にすることなんじゃないかなと思います。

 

根っからの引きこもり体質な俺にはまず外に出るということ自体がおっくうなので、働くということに抵抗があります。それならば自分のやりたいことじゃなければ心が疲れてしまうじゃないか。ということです(論理の飛躍)。

 

残念ながら日本では人生に占める労働の時間が長いので、その時間を有意義に、自分の好きなことで過ごせるといいですよね。無心で好きでも嫌いでもない作業を行い続けるよりはその方がよいのだと俺は感じます。

 

俺もゴールへ向かう家庭の途中にいるので、今完全にやりたいことをやれているわけではないですが、目指すべきものがあるともう少しだけ続けられそうかもしれません。

 

最後に新社会人の俺から皆様へ格言を授けます。

 

ニート万歳。(みんなも学校や仕事頑張ってね)

 

本日新曲を投稿いたしましたのでよかったらお聞きください。

猫の成長は斯くも早く

こんにちは。すてらです。

 

最近久しぶりに友達の家のくろねこくんに会ってきました。彼の名前は小太郎。12月16日の誕生日に2歳か3歳を迎えたかわいこちゃんです。

f:id:stellanoxte:20171220153027j:plain

 

友達の家に小太郎がやってきた当初から何回か遊んでいたんですが、猫の成長って早いですね。昔は膝に乗る弾丸毛玉だったのですが、今や俺が乗れる大きさにまで成長しました。嘘です。

 

抱っこするとずしりとした重量感があり、これで9800円とはお買い得!と言わんばかりの大きさになりました。

 

この小太郎くんはなかなかの美形で毛並みもよく、おめめパッチリでおそらく人間だと誰もが放っておけないようなイケメンに当たると思われます。

 

なんだか自分より歳下のものがどんどん成長していくと自分の時間も同じように過ぎ去って行っているんだなあと少し寂しくなりますよね。生き急いでしまいますよね。

 

後輩が「俺もう油物きついっす」というとそれより年上の人間が自分の年齢を感じてしまうみたいなアレだと思ってください。

 

時間は待ってくれないので、やりたいことはいまやろうみたいなことを教えてくれた小太郎くんなのでした。さらばだ!シュバッ!

f:id:stellanoxte:20171220153053j:plain

 

本日動画を投稿しましたので、ぜひご視聴ください。

スーファミを買いました

こんにちは。すてらです。

 

スーパーファミコンを買いました。俺はおそらくギリギリスーファミ世代ではないのですが、従兄弟が置いていったものをよく家でプレイしていました。

 

最近なぜか無性にやりたくなって、ハードオフで購入しました。スーパーマリオRPGドンキーコング3カービィを手に入れて暇のあるときにゆるゆると頑張っております。

f:id:stellanoxte:20171204163905j:plain

 

スーパーマリオRPGはラッキーを使わない緩いタイプの低レベルプレイ(詳しくはググれ)をもうすぐ完遂できそうです。やったね。

f:id:stellanoxte:20171204163846j:plain

 

今やゲームはどんどん進化して、現実との融合を遂げようとしています。俺自身は現実との解離という点がゲームの良さの1つだと思っていたので、Wiiとかはあまりプレイする気にはなれません。面白そうだからおそらく誰かが誘ってくれたらハマる気がするけど。

 

平たく言えば落ち着いてゲームしたいのになんで家の中で体動かさにゃあかんのや!とWiiが出始めた時思いました。インドア万歳なのです。

 

初期のゲームは単純な作業のみで様々なステージを楽しめたものの、最近のゲームは新たなステージに行くたびに新たなコマンドを覚えてみたいな予定調和感がものすごいと感じている今日この頃です。正直に言えばゲームはそんなに得意じゃないのでそんなに沢山コマンドを憶えられないというのが本音ですが。

 

近年はスマホゲームなど、無料で出来るゲームも増えてきてますね。やり込みっていうより暇つぶしの向こう側っていう感じのゲームが多いような感じがしますが、楽しく遊ばせてもらっております。

 

子どもの頃に比べてゲームをする時間が少なくなった分、インターネットの発達(攻略サイトなど)や、自分の能力の成長で上手くゲームを進められるようになった気もします。

 

いつになってもゆるっとゲームを楽しめる余裕を持って生きていきたいなと考える冬の夕方なのでした。

 

文章があっちこっちにいってまとまりがなかったことは非常に申し訳なく思っています。スーパーファミコンが4000円安くなるクーポン券を差し上げるのでお許しください。

 

本日動画を投稿しましたので、ぜひご視聴ください。

笑いのセンスと永続性の話

こんにちは。すてらです。

 

他人から笑いのセンスがおかしいと言われることが多々あるので、今日はそこらへんについて書いてみたいと思います。

 

最近のお笑いは見ている人の思考の外にあることをするという意外性からくる「裏切り」の要素が多いのではないかなと思います。これを上手く使ってる人はやっぱり面白いですよね。笑いすぎてイスから落ちることも多々あります。

 

しかし、この「裏切り」という笑いには問題点があると私は考えています。同じネタを何度も見ることによって「裏切り」がその本来の効果を発揮しなくなるということです。

 

つまり最初に見た時のインパクトや面白さが、回を重ねるにつれて薄れていくということです。「裏切り」が「期待→安心」というモノへと変わっていきます。

 

そのような観点から「意味はないが面白いもの」よりも、「何度見ても面白い、見るたびに新しい発見がある」ものの方が私は好みです。(落語、漫談等)

 

音楽に関しても、何度聞いても最初のインパクトが薄れない、そんな音楽を作っていけるといいですね。と思う今日この頃でした。

 

本日動画を投稿しましたので、よかったらご視聴ください。