キャラとオタクと慣用句

こんにちは、すてらです。

 

Twitterで、アニメ・漫画のキャラクター、声優さん、俳優さん等への好意が抑えられずに、「やべえ○○ちゃん犯したい」とか「○○くん監禁したい」とか「おじさんはねぇ、君みたいな可愛いねぇ、この悶絶顔が大好きなんだよ!」とか仰ってる方をたまに見かけるような気がします。

 

俺もたまに使うこともあるのですが、あまりSNSに馴染みのない方からは恐らくドン引きの対象になってしまうように思います。アニメ系統好きが「気持ち悪い」「犯罪者予備軍」「虐待おじさん」などと言われてしまうひとつの所以ではないかなと思うのです。

 

しかしですよ、本当に好きなキャラクター(もっと現実的なのは好きな声優・俳優の場合ですけど)と親しい関係になった時に、本当に犯したり監禁したりの行為に及ぶ人っているんでしょうか?俺は十中八九いないような気がします。残りの1割2割は無きにしも非ずです。

 

すっげー好きということを「犯す」「監禁する」等、「支配したい・自分のものにしたい」という意味合いの言葉で言い換えることで表している、実質的にはそういうことなのではないかと俺は考えています。

 

日本にも昔からこれらに近い表現があります。「かわいくて食べちゃいたい」「目に入れても痛くないくらいかわいい」。今思い当たるのはこの2つくらいかな。

 

果たしてこの表現を使っている人の中で本当にかわいい子を食べる人や目に入れようとする人はいるんでしょうか?俺は十中八九いないような気がします。残りの1割2割は無きにしも非ずです。

 

疑問に思う人は昔かわいがってくれてたおじいちゃんおばあちゃんに聞いてください。「おじいちゃん昔ぼくのこと食べたことある?」「おばあちゃんってわたしがちっちゃい頃私のこと目に入れてた?」と。

 

恐らく病院に連れて行かれるか、カウンセラーの先生とたのしいお茶会をすることになるんじゃないでしょうか。

 

このようなことから、Twitterなどネットで見かける表現は現代に生まれた慣用句とも言えるのではないでしょうか。と思ったっていうのをここまで長々と書いてみました。きっとネットだけじゃなくても、あなたの周りには特定の言い回しとか慣用句みたいなものがあるんじゃないかと思います。探してみてくだされ。

 

それともうひとつ、字面だけでは人柄なんて判断できないので表面的なとこだけを捉えて怖がるのではなく、アニメ好きの皆さんと仲良くしてあげてください。

 

と、アニメを全然見ない俺からのお知らせでした。(俺とも仲良くしてね!)

 

あー真白友也くん犯したい。

 

最後に、本日動画を投稿致しましたので、是非視聴していただけるとと思います。よろしくお願いいたします。